モウズイカってイカ(食べるほう)だと思っていました。ガーデンニング界では有名なお花らしいです。日本でも園芸店でよく見かけます。 モウズイカとはゴマノハグサ科の一種で、地中海地方を原産地としている園芸植物です。雄しべに毛が生えていることから、毛蕊花とつけられたそうです。まれにモウズイカには数種類あって、無毛のものもあるそうです。また、属名バーバスカムとは髭のあるものという意味もあるそうです。古くから、ぜんそくなど呼吸器系の障害に薬草として使われていたそうです。また、花ビラから採取される液には中耳炎をはじめ、耳の治療に効果があるといわれているそうです。葉っぱ生えている無数の毛により、火によく燃えることからランプの火口につかわれることも多かったそうです。

モウズイカとは、ヨーロッパ、アフリカおよびアジア北部に固有の1種のモウズイカで、南北アメリカとオーストラリアで繁殖しました。

なんと2mまで高くなることができるのは毛状の二年生植物です。その小さな黄色の花は、高い軸の上で濃厚にグループ化されます。それは葉の大きなロゼットから飛び出します。それは種々様々の生息地で成長しますが、地面が土種子銀行を続ける長命の種子から、光を受け取った後、それがすぐに現われる場合があるところで、よく明かりのついたノイローゼの土を好みます。豊富に種子を生産することにより広がりますが、めったに積極的に侵略的になりませんのは共通の雑草の多いプラントです、その種子以来、発芽する開いた根拠を要求します。他のプラントからの陰に我慢できず、耕作して残存することができずに、非常に競争率の高い種ではないので、それはほとんどの農業の作物用の非常に小さな問題です。さらに、それは多くの昆虫を主催します。それらのうちのいくらかは他のプラントに有害になりえます。個人は手によって削除するのが簡単ですが、人口は永久に除去するのが難しい。

それは、和らげて収れんする特性を備えたハーブ療法に広く使用されます。それは咳および関連する病に特に推薦されるだけでなく、様々な皮膚病に対する局所適用の中で使用されます。プラントも染料とトーチを作るために使用されました。

モウズイカの効力

モウズイカは喘息など呼吸器官の障害に薬草として使われていたことは有名ですが、他にも尿道炎症や下痢にもよい効果を発揮します。また薬草の中でも鎮痛作用がとても優れているそうです。使用方法としてはモウズイカの葉をお風呂に入れてつかると痔にきくそうです。現在ではモウズイカの成分がはいったお茶なども販売されています。

モウズイカに関して

共通のモウズイカは、不用の場所(地面が妨害されたエリアを開く)で通常見つけられる雑草です。それが育てる他の場所はフィールド、路傍、河辺、庭および森林開始を含んでいます。それは陰が好きではありません。

モウズイカは、その高い花スパイクによって通常認識されます。それは高さ10フィートです。それはきれいな花を持っています。しかし、少数だけが一度に栄えます。したがって、ほとんどの人々は、モウズイカが非常に魅力的であると考えません。

共通のモウズイカは初期のプラントです。したがって、それは燃えた場所に成長する最初のプラントのうちの1つか、そうでなければ妨害されます。

モウズイカは二年ごとです。したがって、それは2年間生きています。最初の年、この植物はロゼットを育てるが、花梗を育てません。ロゼットは冬じゅう残存します。また、花梗は第2年を育てます。第2年の終わりに、プラントは死にます。

ロゼット葉は大きく柔軟です。それらは青みを帯びた緑で、長さ12インチおよび幅5インチ以内になります。ほとんどの人々は、葉の柔軟な表面をフェルトと比較します。

共通のモウズイカ花は5枚の花弁で黄色です。花は幅約1インチです。それらは、6月から9月まで一度に少数を開花させます。

モウズイカ、種子の巨大な数を生産します。1つのモウズイカ・プラントは一年で100,000粒以上の種子を作るかもしれません。種子はほとんどどんな条件からも残存することができ、100年以内続くことができます。モウズイカが陰の中で成長しない場合があるので、種子はそれらのまわりのプラントが死ぬか削除されるまで、待って、土を中へ置くことができます。

共通のモウズイカは何年も前にヨーロッパからヴァージニアに紹介されました。それは、私たちの土着の植物の多くより速く成長し、分野での他の開拓者を押し出すことができます。その後、草が戦闘を上方へ開始する場合、モウズイカは匹敵しない場合があります。したがって、それらは死んでいる花梗だけを残して死にます。

ほんの少数の動物がモウズイカを食物に使用します。アザミウマ属、悪臭を放つ甲虫、ゾウムシおよび葉バグのある種は、モウズイカ葉を食べるでしょう;しかし、これらはヨーロッパからもたらされた昆虫です。差異のイナゴのようなバッタはさらに葉を食べるでしょう。

アメリカのカワラヒワ、ルリノジコおよび他の少数の鳥はモウズイカ種子を食べます。

共通のモウズイカ、冬に昆虫に保護を供給します。ロゼットが寒さによって残存するので、葉は暖かくて、提供します、またテントウムシ、メクラカメムシ(特に)および黒いバグのための保護。

日本でのモウズイカ

日本語でモウズイカは毛蕋花または毛蕊花と書きます。モウズイカ自体あまり聞きなれないかと思いますが、日本では明治時代に伝来し北部に多く分布しています。上記にもあるとおり、昔から薬草としての用途があり諸国で大変重宝されてきました。外来種のため日本では野生種はありませんが、最近では園芸種として様々な種類のモウズイカが販売されています。モウズイカは朝に花が開いたと思ったら日が落ちる頃には花が落ちているというなんとも切ない植物です。自宅でガーデニングを行っている人は花が咲いたときにはその瞬間を逃さないように写真で残している人も多いようです。

モウズイカは海にいるイカではなくフラワーの種類だそうです。私はイカだと思いました。ガーデニングをする方はきっとご存知なのでしょうね。私は全くしないので、かなりお花などには疎いです。でも一戸建てなどで少しお庭があったらやってみたいな~とは思ったりしますが、今は子育てまっただ中でそんな時間やゆとりはないので到底先になりそうです。

三鷹 賃貸 賃貸 綾瀬 高崎の相続 632 6/4

モウズイカ|用途|エコロジー|分類学|分配と生息地|サイトマップ

Copyright © 2011.All rights Reserved.モウズイカ.